葬儀の基本をおさらい

おすすめコンテンツ

  • 変わってきた葬儀
  • 通夜とお葬式の流れ
  • 通夜の準備

家族葬は身内だけであげる心のこもったお葬式

お葬式は本来亡くなった家族を偲びお別れをする儀式です

大規模なお葬式では、大勢の弔問に訪れる人々の応対などに忙殺されゆっくりお別れをすることができないといった事がしばしばです。
弔問に訪れる人の中には家族の仕事関係の人や知り合いが多く、中には亡くなった人と全く面識がない人も来ることがあります。
こういった中ではなくなった人をゆっくり偲ぶ時間もとれなくなります。
特に亡くなった人が高齢者で長い間介護を受けていたり、入院などしていた場合には、知り合いの人も少なく弔問に訪れるほとんどが家族の知人という事もあります。
そのため最近では、本当に亡くなった人と親しかった人や家族だけで葬儀をあげる家族葬をする人が増えています。

家族葬を選択した場合のメリット

身内だけで行なうのでなくなった家族の思い出を語りあったり、好物を一緒に食べたり心のこもったお葬式をすることができます。
最後に好きだった音楽を流したり、一般のお葬式で飾られる菊ではなく真っ赤なバラやカーネーションなど故人の好きな花を飾ってお別れをすることもできます。
身内だけなので従来のお葬式の形式にこだわらず故人が喜んでくれるような式にすることができるのです。
お葬式には残された家族の心のケアをするという役割もありますが、心を込めて家族葬を出すことで家族を亡くした後の心の隙間を埋める事ができます。

費用面でも家族葬プランがおすすめ

またお葬式をあげるのはお棺やお花、食事やお坊さんへのお礼、戒名代などでかなり費用がかかります。
費用は全国平均で200万円になりますが、家族葬の場合は身内だけでおこなうので祭壇なども小さいものになり、かかる費用が少なくてすみます。
安いものでは30万程度であげることができ、お金がかからない分社会福祉団体に寄付をしたりする人もいます。

最新記事